病院紹介

沿革
昭和26年(1951)大原神経科医院 開設
昭和29年(1954)大原神経科病院 開設
昭和37年(1962)院外作業 開始
昭和39年(1964)医療法人経営に改組  院内家族会「なぎさ会」発足
昭和40年(1965)デイケア活動(華道、茶道、書道、絵画、手芸) 開始
昭和41年(1966)共同住宅開所 共同住宅への訪問看護開始
昭和43年(1968)西病棟 造設
昭和46年(1971)日立メディカルセンター看護学院 実習生受け入れ開始
昭和56年(1981)東病棟本館 完成
昭和62年(1987)東病棟本館 増設
平成 9年(1997)精神科小規模デイケア 正式開所
平成14年(2002)筑波大学精神医学教室 関連施設となる
  〃グループホーム「なぎさハウス」開設
  〃地域活動支援センター「ライトハウス」開設
平成16年(2004)病院開設50周年を迎える
平成20年(2008)精神科作業療法開始
平成25年(2013)訪問看護ステーション「なぎさ」開所
  〃新西病棟 完成

病院理念と基本方針

理念

真心を持った質の高い医療を提供したします。

基本方針

1.患者様の尊厳と権利を守り、患者様中心の医療と看護を実現いたします。
2.開放的で地域に密着し、親しまれる病院を目指します。
3.職員一人一人が「チーム医療」を大切にし、元気で楽しく働ける、やり甲斐のある職場に致します。

院長あいさつ

 当院は戦後の黎明期、昭和29年に開設されました。精神疾患の治療法がまだ確立していない時代でしたがその中で私どもは入院だけに限定するのではなく、生活面、職業面でのリハビリテーションを模索してまいりました。昭和30年代から40年代にかけて共同住居の設置、職親制度を利用した就労、家族会の設置などを行ってきました。
 当院や関連施設を運営する“渚会”という法人名はそうした私どもの理念を反映しています。現代社会で生きていくものにとって健康であってもそうでなくても厳しい荒波にもまれ、時には必死の思いでそれをかきわけながら泳がなければなりません。漂流したり、疲れ切って渚に打ち上げられることもあるでしょう。私どもはその心を癒す“渚”になりたいと願っております。
 大原神経科病院 院長 大原 總一郎

基準・建物・敷地

病床数  精神科病床 246床 精神一般病棟(15対1入院基本料)
看護補助加算2(50:1)、薬剤管理指導料、精神科作業療法
入院時食事療養費(I)
精神科デイケア「小規模なもの」、後発医薬品調剤体制加算1
精神科救急搬送患者地域連携受け入れ加算
敷地面積 12992.31㎡(4000坪) 周辺を合わせると5000坪

ページのトップへ戻る